Please select a language.
北海道観光・札幌観光・送迎(空港ホテル他)などに観光タクシー・貸切チャーター・ジャンボタクシー・ハイヤー・専用車 予約サイト

キーワードから検索

~ハートタクシートラベルご利用のお客様へ~
当社の車両は毎日アルコールや次亜塩素酸を使用し消毒を徹底しております。また乗務員も自己管理をさらに徹底するように指示していあるほか、点呼にて健康状態を確認してからの出庫を遵守しておりますのでご安心してご利用下さい。

TOPICS

旭山動物園

情報更新日:2019.07.19

観光所要時間 2時間~半日

  • 歩いているペンギン
  • 寝ているあざらし
  • しろくま

特色ある行動展示で人気は全国区!いきいきした動物に出会える日本最北の動物園

水中トンネルから見上げると、まるで空を飛ぶように泳ぐペンギンの姿が。アザラシは円柱の水槽を上へ下へと愛嬌たっぷりに泳ぎ、ホッキョクグマは飛沫を上げてプールへ迫力のダイブ。動物本来の生態・能力と観る楽しさを掛けあわせたユニークな“行動展示”施設がある「旭山動物園」は、国内外から旅行客が訪れる北海道でも屈指の人気観光スポットです。旭川市の東部、旭山の斜面を利用した地に、昭和42(1967)年にオープン。日本最北の動物園であり、寒冷地に生息する動物の飼育繁殖にも力を注いでいます。毎回多くの見学客が集まる「もぐもぐタイム」は旭山名物といえる大人気イベント。エサを食べるときに現れる特徴的な動物の動きには、大人も子どもも大興奮です。冬期開園も行われており、雪の中でよりいきいきとする寒冷地動物の姿や、運動不足解消にと始められた「ペンギンの散歩」など、北国らしい観賞ポイントも好評を得ています。


(※掲載されている情報や写真については2019年7月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)


  • 「ぺんぎん館」「あざらし館」「ほっきょくぐま館」をはじめ、水中を活発に泳ぐカバの様子を見られる「かば館」や、高所の綱渡りが見ものの「オランウータン舎」など、多くの人気施設があります。
  • 異なる動物を一緒の場所で飼育する「混合展示」にも注目。カピバラとクモザルなど、生息域の同じ動物が同居して過ごしています。

  • 屋外を歩く時間が長いため、夏の暑い時期は帽子をかぶって熱中症対策を。坂道が多いので歩きやすい靴も必須です。
  • 夏の見学のほか、冬の動物園もおすすめ。雪の季節ならではの動物の姿を観察できます。防寒着と、すべり止めのある冬靴を用意してくださいね。

  • 「もぐもぐタイム」は、エサを食べる動物の様子を観察しながら飼育担当者の解説を聞ける、園内で最も盛り上がる必見イベント(毎日または随時)
  • 冬期の積雪時は「ペンギンの散歩」が名物です。

  • 旭山動物園オリジナルのグッズやお菓子は定番人気。ぬいぐるみやクッキーなど品揃え豊富です。
  • フィギュア製作で有名な「海洋堂」デザインによる、動物の「行動展示」を模したカプセルトイはクオリティの高さが評判!
  • ちょっとお腹が空いたときは、食堂や売店へ。軽食やソフトクリームなど、気軽に味わえます。

  • 「もぐもぐタイム」の実施動物や時間割は、園内案内板のほか、公式ホームページでも確認可能。当日の朝に決定されたその日の予定が、10時頃に掲載されるので要チェック。
  • こども牧場では毎日、ウサギやモルモットとのふれあい体験を実施。小さなお子さまも楽しめます。

旭山動物園 基本情報

(※掲載されている情報については2019年7月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

トイレ売店駐車場Wi-Fi授乳室
所在地北海道旭川市東旭川倉沼
営業時間<夏期開園>
・4月下旬~10月中旬:9時30分~17時15分(最終入園16時)
・10月中旬~11月上旬:9時30分~16時30分(最終入園16時)
※「夜の動物園」実施時は~21時(最終入園20時)へと延長される。例年、8月中旬お盆時期に実施
<冬期開園>
・11月中旬~4月上旬:10時30分~15時30分(最終入園15時)
 定休日
  • 年末年始(12月30日~1月1日)を除き、開園期間中は定休日なし
  • ただし、春(例年4月上旬~下旬)と秋(例年11月上旬)に休園期間あり。
    年度によって日程が変わるため公式情報を要確認。
入場料金

大人(高校生以上)820円、小人(中学生以下)無料
※旭川市内の博物館や記念館など、定められた見学施設の入場半券を提示することで

 団体(割引)料金の適用あり。
※旭川市内の宿泊施設利用者に限り、当日と翌日の2回入園できるお得なチケットも。

 入園条件の詳細は要確認。
※その他、年間パスポートの販売や、一定条件下での団体(割引)料金適用や入園料免除など、

 各種用意されている。

駐車場
  • 正門・東門それぞれに無料駐車場あり。
  • その他、正門・西門・東門周辺に民間の有料駐車場あり。(1日500円)
電話番号0166-36-1104
URLhttps://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/
トイレ一般トイレ、多目的トイレともに園内各所に複数あり(車椅子・子ども連れ利用可)
※多目的トイレ併設ではない場所も一部あるため利用の際には要確認
Wi-Fi園内にフリーWi-Fiスポットが数カ所あり
売店

売店・食堂が園内に5カ所(冬期は4カ所)点在するほか、東門建物内にも売店・レストランを併設。

動物園関連グッズやお土産の購入、軽食や食事をとっての休憩ができる。
※営業時間は時期や各店でそれぞれ異なる。

授乳室園内に4カ所あり。
正門横休憩所内/動物園くらぶ正門売店(パン小屋)横/中央あざらし館横休憩所内/やすらぎの森内
※流し台、ウォーターサーバー、電気ポット等、設備は各所で異なるため要確認。
備考
  • 外国語パンフレットあり。(英語、中国語、韓国語、タイ語)
  • 英語表記の「もぐもぐタイム」実施スケジュールを公式ホームページから確認可能。
  • 各種イベントの実施については、日々の変動スケジュールや状況による変更・中止などがあるため園内で詳細確認を。
  • あざらし館出口には携帯の充電スペースあり。

バリアフリー情報

 バリアフリー
    • 正門無料駐車場に障がい者用駐車スペースあり(使用時は係員に声掛けを)
    • 正門・東門・西門各所で、車椅子(約20台)、電動カート(約3台)、ベビーカー(約100台)の
      無料貸出あり。

※夏期限定。先着順で予約は不可。
※電動カートは過去に使用経験のある方のみ。障がい者手帳の提示と貸出記録簿への記名が必要。
 雨天・雷時は貸出中止の場合あり。
※傾斜の多い土地柄、車椅子等での移動には注意が必要。

  • 高齢者や体の不自由な方専用とし、園内には電気自動車「シルバーシャトル」が夏期限定で運行している。経路は園内で要確認。車椅子の積み込みも可能。
  • ほじょ犬の同伴可(一部立ち入り制限施設あり)