Please select a language.
北海道観光・札幌観光・送迎(空港ホテル他)などに観光タクシー・貸切チャーター・ジャンボタクシー・ハイヤー・専用車 予約サイト

キーワードから検索

~ハートタクシートラベルご利用のお客様へ~

当社の車両は毎日アルコールや次亜塩素酸を使用し消毒を徹底しております。また、乗務員も自己管理をさらに徹底するよう指示しているほか、点呼にて健康状態を確認してからの出庫を遵守しておりますので安心してご利用ください。

TOPICS

ファーム富田

情報更新日:2019.07.19

観光所要時間 2時間

  • ラベンダー畑
  • 花人の畑
  • 花畑

一面が紫の海。国内外から花人が訪れる、富良野ラベンダー観光を代表するガーデン

富良野にある数々のラベンダー畑や花畑の中で、ラベンダー観光の代表的な存在として知名度も人気も随一なのが「ファーム富田」です。夏の北海道の定番観光スポットとして国内外から旅行客が訪れ、花を楽しむ人をここでは「花人(はなびと)」と呼び出迎えてくれます。農園では、昭和33(1958)年にラベンダー栽培に着手。現在もメイン人気の「トラディショナルラベンダー畑」はそのとき誕生した花畑です。紫色の風景が昭和51(1976)年に国鉄のカレンダーに採用されたことで、全国へと美しさが知られるようになり、ラベンダー観光が盛んになっていきました。今では見学施設やカフェ、13カ所の花畑など見どころを拡大し、ラベンダーを使用したポプリやオイル、石けん、スイーツなど名物も充実。車で約7分離れた地区では「ラベンダーイースト」(7月限定)も開放され、広さ14ヘクタール、日本最大級のラベンダー畑を鑑賞できます。


(※掲載されている情報や写真については2019年7月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)


  • ラベンダーは6月下旬以降、異なる品種が順に咲いて見ごろを迎えます。栽培しているのは、「濃紫早咲」「おかむらさき」「ようてい」「はなもいわ」「ラバンジン」の5品種。花の雰囲気や色合いもそれぞれです。
  • 敷地内には13のテーマガーデンが。ラベンダー以外にも、カラフルな花々を秋頃まで見学できます。
  • 7月なら「ラベンダーイースト」へは必ず立ち寄りを!

  • ラベンダーが咲き誇るのは6月下旬~8月上旬頃まで。北海道の夏を満喫しに全国・海外からも観光客が訪れます。
  • 薄手のカーディガンなど、羽織るものが1枚あると安心。夏の虫や強い日差しから肌を守ることができます。足もとはスニーカーなど、歩きやすいフラットな靴で見学しましょう。

  • 香料生産用の畑「ラベンダーイースト」が見学用に開放されるのは7月いっぱい。花の最盛期は7月中旬です。

  • 淡い紫色の「ラベンダーソフトクリーム」はぜひ味わって。ラベンダーエキス入りの、香りがほのかに口に広がる爽やかな一品です。
  • 「ラベンダーラムネ」「ラベンダーカルピス」「ラベンダーはちみつプリン」など、気になる特製メニューもいっぱい!
  • お土産は“香り”の商品がおすすめ。ラベンダーオイル、ラベンダー石鹸、サシェなどが人気です。

  • 公式ホームページでは、開花状況など最新情報をお知らせしてくれています。

ファーム富田 基本情報

(※掲載されている情報については2019年7月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

トイレ売店駐車場Wi-Fi授乳室
所在地北海道空知郡中富良野町基線北15号
※「ファーム富田 ラベンダーイースト」は上富良野町東6線北16号
営業時間

【ファーム富田】
花畑は24時間出入り自由
※花畑の見学ができるのは春~秋、冬は温室内でラベンダーを観賞可
※ショップやカフェ、見学建物は、それぞれ時期に応じて営業時間や期間の設定あり。

 変動があるため公式ホームページで要確認
※ショップやカフェは通年営業の店舗あり
【ラベンダーイースト】
9時~16時30分
※営業期間は例年7月(6月、8月の営業はなし)。天候等により期間と時間が変更となる場合あり。

 定休日-
入場料金入園無料
  • 「ファーム富田 ラベンダーイースト」で花畑観賞用として運行される「ラベンダーバス」は乗車有料
駐車場あり。無料
電話番号0167-39-3939
URLhttps://www.farm-tomita.co.jp/
トイレ
  • 「ファーム富田」の敷地内に7カ所あり。そのうち4カ所は、車椅子で入室できるトイレを併設
  • 「ラベンダーイースト」は敷地内に1カ所(車椅子での入室可能)
Wi-Fiファーム富田の「花人の舎」にてFree Wi-Fiの利用可
売店
  • 「花人の舎(はなびとのいえ)」「ポプリの舎(いえ)」など、名の付いた建物が敷地内に点在。
    オリジナル商品やスイーツを販売しており、各所で扱うものも少しずつ異なる。
  • カフェやミニショップで、軽食やお茶、スイーツの時間も楽しめる。
    グラタンやカレー、じゃがバターなど、道産食材を使用したメニューが豊富。
    ラベンダーのエキスや花粒を使ったスイーツ、特製ドリンクも好評
授乳室

「花人の舎」2階に礼拝室があり、礼拝の時間外は授乳室として利用可

備考
  • 英語表記のパンフレットあり
  • 「ラベンダーイースト」の園内を運行する「ラベンダーバス」(有料)では、英語、中国語、韓国語のアナウンスも流れる

バリアフリー情報

 バリアフリー
  • 舗装整備された箇所もあるが、花畑の観賞には土の路面や勾配がついた場所を通るため注意が必要。
  • 車椅子等の通行困難な場所あり。
  • ほじょ犬の同伴可