Please select a language.
北海道観光・札幌観光・送迎(空港ホテル他)などに観光タクシー・貸切チャーター・ジャンボタクシー・ハイヤー・専用車 予約サイト

キーワードから検索

~ハートタクシートラベルご利用のお客様へ~

当社の車両は毎日アルコールや次亜塩素酸を使用し消毒を徹底しております。また、乗務員も自己管理をさらに徹底するよう指示しているほか、点呼にて健康状態を確認してからの出庫を遵守しておりますので安心してご利用ください。

TOPICS

宮の森ジャンプ競技場

情報更新日:2019.07.19

観光所要時間 10分

  • 宮の森ジャンプ競技場
  • 宮の森ジャンプ競技場 斜め

札幌オリンピックで「日の丸飛行隊」が飛び、今も名選手が跳躍するスキージャンプ台

昭和45(1970)年、2年後に控えた札幌オリンピック冬季大会で使用するため新設されたスキージャンプ台が「宮の森ジャンプ競技場」。ラージヒル用の「大倉山ジャンプ競技場」に対し、こちらはノーマルヒル用として設けられました。当時は「70メートル級」の呼び名だったこのジャンプ台で、笠谷幸生氏はじめ3名の「日の丸飛行隊」が活躍。オリンピックで金・銀・銅メダルを独占した記念すべき競技場として知られています。昭和58(1983)年にはK点を90メートルに改修。人工芝も導入され、サマージャンプの開催もできる会場として利用の幅を広げました。「札幌オリンピック記念スキージャンプ競技大会」など、冬季・夏季を通して数々の大会の舞台となり、ワールドカップほか国際大会の開催も。上へ登ることはできませんが、大会のない日にはふもとの観覧エリアから迫力の傾斜を見学することが可能となっています。


(※掲載されている情報や写真については2019年7月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)


  • ラージヒルより小ぶりとはいえ、見上げたときの大きさにやはり感激の声が。札幌オリンピック当時を知る世代にも好評の見学スポットです。

  • 通年で見学が可能です。日によってはジャンパーの練習風景に出会えることもあるかもしれません。
  • 冬の見学の際は、厚手のコートにマフラー・手袋やカイロなど防寒グッズをプラスして。足元はすべりにくい靴でお出かけください。

  • 大会開催時は、観覧席からの競技見学ができます。※開催日や見学開放、申込み等、詳細は大会毎に要確認。

宮の森ジャンプ競技場 基本情報

(※掲載されている情報については2019年7月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

トイレ売店駐車場Wi-Fi授乳室
所在地
北海道札幌市中央区宮の森1条18丁目
営業時間9時~17時
 定休日大会開催時は競技見学者のみ入場可能
入場料金-
駐車場あり、無料
※ジャンプ大会中は駐車不可
電話番号011-642-1972(株式会社札幌振興公社)
URL-
トイレ公衆トイレあり
Wi-Fi-
売店-
授乳室-
備考

-

バリアフリー情報

 バリアフリー
  • ※※※
  • ※※※
  • ※※※