Please select a language.
北海道観光・札幌観光・送迎(空港ホテル他)などに観光タクシー・貸切チャーター・ジャンボタクシー・ハイヤー・専用車 予約サイト

キーワードから検索

~ハートタクシートラベルご利用のお客様へ~
当社の車両は毎日アルコールや次亜塩素酸を使用し消毒を徹底しております。また乗務員も自己管理をさらに徹底するように指示していあるほか、点呼にて健康状態を確認してからの出庫を遵守しておりますのでご安心してご利用下さい。

TOPICS

登別温泉

情報更新日:2020.8.1

観光所要時間 2時間

  • 支笏洞爺国立公園

多彩な泉質を楽しめる北海道随一の温泉地

登別温泉は室蘭市の北東に位置し、定山渓温泉、湯の川温泉と共に北海道三大温泉地の一つです。一日約1万トンの温泉が湧き出し、多彩な泉質を持ち、温泉のデパートとも呼ばれています。毎年国内外約300万人の観光客が訪れます。14軒の温泉施設により形成されている温泉街の中、お土産店、レストラン、手湯など、観光客を楽しませる施設が充実されています。温泉以外に、近くに地獄谷、大湯沼、倶多楽湖、クマ牧場、伊達時代村、マリンパークなどの観光地も豊富です。


  • 地獄谷:「登別温泉の源泉」と呼ばれる地獄谷は、約8000年前から日和山の噴火を繰り返すことにより形成された直径約450mの爆裂火口跡です。火口跡内に数多くの噴気孔と湧出口があり、立ち上る噴煙と煮えたぎる光景がまるで「鬼の棲む地獄」のように、地獄谷と名付けられました。ここから多種泉質の温泉が1日約1万トン湧出されており、温泉街の各温泉施設にに供給されております。谷に沿って木道が整備され、様々な角度から荒々しい火山風景が見られます。木道の最も奥に「鉄泉池」があり、一定周期で約85度の熱湯が湧き出し、待つかいのある大自然の息吹が感じられます。
  • 大湯沼:日和山の噴火によりできた爆裂火口跡です。周囲約1キロ、深さ22mの瓢箪型の沼で、表面温度約50度となっていますが、沼の底で約130度の硫黄泉が湧き出しています。大湯沼の付近に強い硫黄の匂いが漂っています。
  • 天然足湯:大湯沼川探勝歩道に位置する大正地獄のすぐ近くに、大湯沼から溢れ出した温泉で天然足湯を楽しめます。自然の中で森林浴をしながら、散策の疲れを癒すことができます。
  • 倶多楽湖:登別と白老の境目にある真ん丸のカルデラ湖です。約8万年前起きた火山活動により誕生しました。周囲約8キロ、最大水深は148m。倶多楽湖に流れ込む川も流れ出す川も無いので、高い透明度を保ち続け、環境省が発表する公共用水域水質調査では毎年湖沼部門の上位になり、2001年度測定の結果では1位となりました。摩周湖に次いで日本で2番目透明度が高い湖です。道道350号線沿いの倶多楽湖湖畔、扇状展望台から近く眺められ、クマ牧場の展望台からも美しい円形の湖が観賞できます。
  • 閻魔堂:登別温泉街である極楽通りに位置する閻魔堂に普段凛とした穏やかな閻魔大王が座っていますが、1日6回行われる「地獄の審判」の時間になりますと、音声、照明に合わせ閻魔大王が真っ赤な怒る表情に変わります。地獄の審判の時間は10時、13時、15時、17時、20時、21時となっています。

  • 北海道内の他の地域より比較的に温暖な気候です。冬期間、地獄谷の遊歩道はかなり滑りやすいので、滑り止め付きの靴はお勧めです。

  • 鬼火の路:通年の日没から21:30まで行われます。地獄谷の入口から鉄泉池までの遊歩道が灯りに照らされ、暗闇の中もうもうと立ち上る噴煙、幻想的な表情が見せてくれます。
  • 登別温泉湯祭り:毎年2月3日、4日に行われるイベント。豊富な温泉に恵まれ、自然への感謝の気持ちと無病息災の願いを込めて、多彩な行事が行われます。中でもふんどし姿の若者たちがお互いにお湯をかけ合う「源泉湯掛け合戦」は祭りの賑わい雰囲気を盛り上げます。
  • 地獄の谷の鬼花火:例年の6月1日~7月26日の木曜日、金曜日の20:30~行います。幸せの祈願と厄持ち去りの願いを込めて、地獄谷に棲む湯鬼神たちが、鬼花火を世空に放ちます。
  • 登別地獄まつり:毎年の最終土曜日、日曜日に行います。登別地獄谷の地獄の釜のふたが開いて、閻魔大王が鬼たちを引き連れて登別温泉に訪れるという伝説をモチーフにした祭りです。祭りの最高潮は閻魔大王像を乗せた高さ約6メートルの「閻魔大王からくり山車」が湯鬼神の付き添いで、温泉街の極楽通りを練り歩きます。(※2020年コロナ感染拡大防止のため、中止になりました)

  • -

  • -

登別温泉 基本情報

(※掲載されている情報については2020年5月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

トイレ売店駐車場Wi-Fi授乳室
所在地登別市登別温泉町
営業時間

24時間自由見学

定休日無休
入場料金

無料

駐車場

地獄谷の有料駐車場(乗用車500円、大湯沼駐車場と共通)

電話番号0143-84-3311(登別国際観光コンベンション協会)
URL登別国際観光コンベンション協会
トイレ

地獄谷、大湯沼駐車場にトイレあり

Wi-Fi登別温泉街ではWi-Fi利用可
売店

登別温泉街では数軒売店、コンビニあり。

授乳室-
備考-

バリアフリー情報

 バリアフリー
  • 地獄谷の広場まで舗装、スロープあり
  • ほじょ犬の同伴可