Please select a language.
北海道観光・札幌観光・送迎(空港ホテル他)などに観光タクシー・貸切チャーター・ジャンボタクシー・ハイヤー・専用車 予約サイト

キーワードから検索

~ハートタクシートラベルご利用のお客様へ~
当社の車両は毎日アルコールや次亜塩素酸を使用し消毒を徹底しております。また乗務員も自己管理をさらに徹底するように指示していあるほか、点呼にて健康状態を確認してからの出庫を遵守しておりますのでご安心してご利用下さい。

利尻島

情報更新日:2020.06.01

観光所要時間 半日程度

海上に浮かぶ秀峰-利尻富士

日本の最北の稚内市から西へ約52km、日本海に聳え立つ利尻山で出来た円形の島です。標高1,721mの利尻山は、約20万年前火山活動を繰り返し、富士山のような美しい山容は人々を魅了し、「利尻富士」とも呼ばれ、日本百名山にも選ばれています。

島の西側にある「利尻町」と東側にある「利尻富士町」の2つの町からなり、島の真ん中にそびえる利尻山をぐるりと囲む海岸線で島人は生活しています。春から夏にかけて色とりどりの高山植物が花開き、全国的にも有名な「利尻昆布」や「ウニ」など日本海の海の幸や天然の恵み・湧水に恵まれた、漁業と観光で島の経済を支えています。


  • 白い恋人の丘:道道108号を挟み、山側に「沼浦湿原」「オタトマリ沼」、海側にある沼浦キャンプ場入口から坂道を進んだ終点にある駐車場が「沼浦展望台」。高台から山側を見ると、下に「オタトマリ沼」、その向こうには「利尻山」。海側を見ると、日本海の先に北海道本土を一望できます。その美しい絶景は北海道の銘菓の白い恋人パッケージの写真に採用され、2014年6月に石屋製菓の協力によって誕生した利尻島の新観光スポットです。カップルがここでプロポーズをしてその写真を撮影し、利尻富士町観光協会へ持参すると、石屋製菓公認の「プロポーズ証明書」が進呈されます。
  • オタトマリ沼:島の南東に位置し周囲約1km、利尻島内最大の湖沼です。沼の周囲には一部未舗装ではありますが遊歩道が整備されているので、湖面に映る逆さ利尻山を眺めながら散策できます。駐車場には売店があり、特産品やお土産を購入したり、「ホタテ焼き」、「うにの軍艦巻き」、「熊笹ソフト」、利尻島限定飲料の「ミルピス」などが味わえます。
  • 甘露泉水:名水百選の中で日本最北端の名水です。利尻島は平坦な場所が少なく、川は短くかつ小さな水路になっています。これらの河川の源流部は、山麓の森林に囲まれた自然豊かな環境となっています。甘露泉水は利尻山の鴛泊登山ルート三合目付近にあります。登山ルートを進みますと、水音がしたなら「甘露泉」に辿り着きます。まろやかな甘みを感じる利尻山の伏流水は、登山者の給水ポイントにもなっています。
  • 麗峰湧水:利尻島の西海岸、仙法志エリアの道道108号沿いにあります。この湧水は、利尻山に降り注いだ雨水や雪解け水が山の地面を浸透して、30年余りの長い年月を経て湧き出しているといわれています。自然のろ過装置ともいえる山体を通り抜けている伏流水は、道端で自由給水、持ち帰れます。
  • 長寿の泉水:鴛泊港から南に進み約1キロの地点で、道路沿いにある「旅館雪国」の脇に湧き出しています。江戸時代の探検家のである間宮林蔵が利尻島を訪れた際にこの湧き水を飲み、「長寿乃泉水」と命名したと言われています。昔、水が湧き出ている敷地の人が利用していましたが、現在島民や観光客にも飲んでもらおうと、一般開放されました。
  • 仙法志御崎公園:利尻島最南端に位置する岬にある仙法志御崎公園です。利尻富士が噴火した際、海に流れ込んだ溶岩が固まってできた奇岩が数多くあります。また、公園内ではゴマフアザラシが天然の磯場で飼育され、餌やりも体験できる人気観光スポットの一つです。

  • 利尻観光のベストシーズンは5月~9月(春から夏)です。9月~10月の紅葉観光もお勧めです。最も暑い8月でも20度を下回り、海風に吹かれると体感温度はもっと下がりますので、防寒装備を用意して下さい。
  • 秋冬には海荒れによりフェリー欠航の場合が多い。利尻に上陸できたとしても帰りのフェリーが欠航になる場合もあるので、気を付けて下さい。利尻の冬の極寒時期を訪れる際に完全な防寒装備を用意下さい。

  • 利尻島一周悠遊覧人G:日本百名山の利尻富士を眺めながら、初夏の日本海の清々しい潮の薫りが漂う中、自分のペースで利尻島55kmを一周する大会です。
  • 利尻浮島まつり:恒例の踊りパレードをはじめ、山車・仮装パレード、地元海産物などを扱う出店や歌謡ショーが行われます。
    利尻の短い夏を彩るイベントです。
  • 利尻島一周ふれあいサイクリング:利尻島の潮風に吹かれながら大自然を満喫する自転車大会です。サイクリングロード(25km)と一般道道(35km)を結んで利尻島を一周するコース「利尻・彩くるロード」は約60km(※スタート地点は2カ所から選択可能)。毎年、島外から多数の参加者が集い、ハートランドフェリーの協賛で、参加者はフェリーの自転車航送料金が片道分無料となります。

  • 利尻昆布:北海道内では日高昆布、羅臼昆布、真昆布と並び高級昆布の中で一二を争う高級品です。その特徴は、他の昆布に比べ肉厚で柔らかく、粘りととろみの強いこと。クセのない爽やかで上品なダシがとれることから、関西方面の料亭に好まれ、会席料理に使用されています。

  • ウニ取り体験:利尻島名産の生きたままの「ウニ」を自身で採って、新鮮な状態で食べることが出来ます。実際に漁師が使う「タモ」と呼ばれる網と、水中を覗く為の「箱メガネ」を使い、岸に留めてある船に乗り、海の中のウニを採ります。そして採ったウニは、すぐに割って、新鮮な状態のまま賞味頂けます。

利尻島 基本情報

(※掲載されている情報については2020年6月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

トイレ売店駐車場Wi-Fi授乳室
所在地利尻富士町、利尻町
営業時間24時間開放
 定休日無し
入場料金無料
駐車場各地に駐車場有り
電話番号

0163-82-1114(利尻富士町観光協会

0163-84-3622(利尻町観光協会)

URL

利尻プラス

利尻富士町観光協会

トイレ各観光地、フェリーターミナルにトイレ有り
Wi-Fiフェリーターミナル内に無料Wi-Fi利用可
売店島内各地にお土産店と食堂有り
授乳室無し
備考
  • -

バリアフリー情報

 バリアフリー
  • フェリーターミナルといくつの観光地はバリアフリーになっています。